読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fantasyを始まらせてよ

好きなアイドルの話をします。

だって可能性感じたんだ

渡辺くんを見ている時はいつも熱に浮かされているようだ。「これが最後かもしれない」「今しか見ることができない」そんな感情に圧迫されながらいつも必死に双眼鏡を構える。

私が渡辺くんに実質落ちたのはある現場のダンス曲だ。「笑わない」とすのーまんはよく言われる。確かにその時も渡辺くんは笑っていなかった。アップテンポでハッピーな曲調のかわいらしい曲、周りのジュニアが笑顔を振りまきながら踊っているのに、渡辺くんは仏頂面であまり楽しくなさそうに見えた。BBJでの役柄が好きだったから、という至極単純な理由で渡辺くんに双眼鏡の焦点を当てていたが、楽しくなさそうな姿にがっかりし近くで踊るふっかさんに目をやろうとした刹那、渡辺くんがあのふにゃんとした顔で笑ったのである。その時は視界に渡辺くんしかいなかったので、なぜ笑ったのかはよくわからない。でも、さっきまでとは180度違う表情で渡辺翔太は踊りだしたのである。

衝撃だった。元々彼に笑顔のイメージは無かった。少し怖そうで神経質、すぐ怒りそう、といった第一印象。それを覆すようなあの優しい笑顔を、私は一生忘れないだろう。体に電流が走ったような、そんな衝撃が全身を駆け巡り、それをきっかけに私はあれよあれよと渡辺翔太の虜になったのだ。

 

ギャップ萌という言葉がこの世には存在する。私が渡辺くんに落ちた理由はまさにそれだった。「笑わない」とすのーまんはよく言われる。確かに、アイドルとして笑顔でいるということは最低条件のような気もする。でも、だからといって普段からニコニコ笑っている必要性もないと思う。結局私は渡辺くんが好きだから擁護してしまうけれど、たまに笑うからこそ惹きつけられる人種だっているはずだ。一瞬の表情に心奪われ、執着するのは案外楽しい。

だから私は今日も双眼鏡を構える。いつ変化するかわからない、あの一瞬に出会うために。