読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fantasyを始まらせてよ

好きなアイドルの話をします。

それでもドラマはその続きを待っている。

真夏のEXシアターと東京ドームに行ってきた。どちらも目的は渡辺翔太くんを見るため。高低差で耳キーンなるわ!ばりに大きさの違う二つの会場から見えた2016年の夏の渡辺くんのはなし。

 

個人的には少年たち以来の前に誰もいない景色。見え方はEXとドームで全く違うものだったがどちらも掛け替えのない、それはそれは綺麗な景色だった。どちらが良いとかではないのだ。観客の熱気を一身に浴びて言葉の通り会場が1つになっていたLucky Manも、広い広い東京ドームが真っ白の光に包まれたZIG ZAG LOVEも、どちらも等しく美しかった。個人的にはEXではグループ全体を、ドームでは自担個人を重点的に見ることができてとても充実していた。以前よりも自担以外のメンバーが目の前に来た時の嬉しさが増しているような気がする。基本的に自担への気持ちは絶えないが、SnowManというグループそのものに対する気持ちも年々大きくなっていることが嬉しい。

 

 

前に誰もいない景色を見た感動というのは、去年経験しているのでそこまで新鮮味というのは無かったかもしれない。けれども、だからこそ次はこうして欲しい、こんなものが見てみたい、いつかこの場所へ、というような次のステップの欲が生まれてきた。ファンになった当初はなんとなく言いづらかった「デビュー」という言葉も、最近は臆せず言えるようになってきたのだ。*1だんだんビジョンがはっきりしてきて、実現できそうなことのように感じる。もちろん今のままでは到底無理なことも理解はしているが、それでもまだ夢を見ていいんだなと思わせてくれる。そんな渡辺くんとSnowManが好きだ。

 

たまに渡辺くんがいなくなる夢を見る時がある。ジャニーズJrという存在を応援している人なら誰しもが直面する、自担がいなくなるという恐怖。私はもしその時が来たらうまくサヨナラを言えるだろうか、なんてよく考えるのだがこの夏を通してまだまだサヨナラなんて言う必要なんかないんだ、と思えた。それぐらい今のSnowManは地に足が着いている。何が足りないのか、どうすれば夢に近付くのか、各々が考えて6人でまとまりながら階段を駆け上がっているようだった。なんとなくあと数年はこの6人でいてくれるかもしれないという妙な安心感。自分自身も彼らのファンでいることが板についてきたようだ。願わくばサヨナラを言う時は、強制的ではなく自分の意思でありたい。なんならサヨナラなんてしないでずっと見ていることが理想だ。

この最高にエモーショナルな2016年の夏を駆け抜けた6人には何が待っているのか。ひとまずはの残りのサマステ公演、9月からの少年たちに向けてケガなく(重要)走り抜けて欲しい。渡辺くんはごはんも食べてね!

 

 

 

 

 

【余談】

渡辺くんの好きなところと言われて5こも挙げられるか怪しい私がこの夏見つけた渡辺くんの好きなところ。

 

ボールを投げる時は左利き!!かっこいい!!

 

 

 

*1:そしてこれは本人たちにも言えるかもしれない