読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fantasyを始まらせてよ

好きなアイドルの話をします。

そうだよ覚悟はできた

「なんで好きなの?」

そう聞かれると言葉に詰まる。多くの人に魅力を知ってもらいたいけれど、うまく言葉にできない。確かなことは声が好きだということ、それだけ。好きになって早くも1年。未だ好きの理由が明確にならないまま、私は今日も渡辺くんを、SnowManを応援している。


少年たちでステージの1番前に立つ6人を見た。涙が溢れそうになるのを必死で堪えた。セリフは1人1人たくさんあったし、ソロパートもたくさん、オリジナル曲だってあった。今まで見ることができなかった前に誰もいない景色。それを見ることができる、大好きな大好きな歌声を聴くことができる。主演ってすごい。今必死になって文章に起こそうと頑張っているけど結局は、あの景色が美しかったと思い返すことしかできなかった。だって遮るものが何も無かったから。双眼鏡を構えなくても、舞台には6人しかいなかったから。本当に些細なこと、デビュー組担をしてる時ではまず気にも留めないことで、一回一回感動して心を揺さぶられた。

以前渡辺くんのことを声を奪われた人魚姫と称したことがある。*1私が唯一渡辺くんの好きなところ、と胸を張って主張できる要素。その声を聞く機会というのは、決して多くはなかった。それがどうだろう。今の渡辺くんはあの甲高くて突き抜ける声でセリフを紡ぐ。アリエルも顔負けの綺麗な声で、高らかに歌を歌う。たくさんたくさん渡辺くんの声を聞くことができた。「声を奪われた」なんてもう言わなくていいのだ。 ここに至るまでの「過程」を見ることが楽しいのかもしれない。

私が渡辺くんのことを好きになってからまだ1年ちょっと。でもどうだろう、この1年でSnowManと渡辺くんを取り巻く環境は目まぐるしく変化した。*2感覚でしかないけど、今本気でやってるなと目に見えてわかるようになったり、なんとなくデビューという単語を臆せず言えるようになってきたのかな、とか色んな変化や成長を感じられた。私は未だに某先輩が言った「渡辺には魅力がない」という言葉を根に持っていて、それは多分渡辺担をやっている限り付き纏う言葉なんだと思う。当時は割とそれに対して言い返せない自分がいてとても悔しく思っていた。今なら少しは言い返せる。物凄く不確かで、曖昧なものだけど、些細な一つ一つの変化、そこに至るまでの「過程」が魅力なのだと言いたい。魅力を一つ一つ見つけていける所が魅力なのだと。


渡辺くんを今度は空っぽの箱に例えてみる。始めは中に何も入っていない。それは、彼を見る度、彼のことを考える度に中身が増えていく。今回の主演舞台で、私はまた一つ好きという宝物を入れることができた。1年でたくさんたくさん箱の中に宝物を詰めたけれど、この箱は大きくて中々いっぱいになりそうにない。この箱がいっぱいになるまで、私は好きの欠片を集め続けたいのだ。箱をいっぱいにして満足するのなら、私は一生渡辺くんの魅力を言語化できなくていいとさえ思う。確かに言えるのは、この箱をいっぱいにしていく過程が楽しい、ということと、渡辺翔太は底なし沼のように魅力的だということだけだ。私の自担かっこいいでしょ。


次があるのかも分からないこの世界。この一歩が次の一歩に繋がりますよう、また新しい好きを箱に詰められますよう。願いを込めて。主演お疲れ様でした!


*1:黒歴史とかじゃなく今も本気で思ってる

*2:古参の方から見たら、やっとの思いかもしれないけど